AGA治療の種類と治療方法

2019年07月30日
薬を飲む男性

AGA治療は、主に薬を処方して治療する方法と施術をして育毛を促す方法の二つがあります。
本質的にはどちらの方法も似たようなものであるため、実際にAGA治療をする時にはしっかりと治療の説明を受けなくてはいけません。

AGA治療では、プロペシアという薬を用いて治療することが普通です。
クリニックによってこれに加えてミノキシジルという薬も併用することになりますが、どちらも従来までの育毛剤や発毛剤とは一線を画したものとなっています。

プロペシアは、男性型脱毛症の原因となっている物質を抑える効果がある薬です。
これを利用することによって、効率的な発毛効果を促すことが出来るようになるのです。
ミノキシジルというのは、プロペシアと違って頭皮の血流そのものを良くする薬のことを言います。
血管拡張作用が存在するため、この薬を使うと頭皮に必要な栄養分が届けられやすくなるのです。
薬で治療をする時には、患者の頭皮に合わせてどちらかの薬か、もしくは両方を使います。

そして、施術を利用してAGA治療をする時には注射を利用することが一般的です。
注射を利用して施術する方法では、頭皮に対して必要な栄養分を届けることになります。
こうした方法は、本来美容整形などに利用されていたのですが頭皮の発毛に関しても導入するクリニックが増えてきました。
注射を利用した方法も薬の服用と同じで何度か利用しなくてはいけませんが、効果は直接薬を服用するよりも早く現れることが多いです。
薬の効果は長くて1年程度かかりますが、注射をすれば3ヶ月程度で効果を実感できます。
このように、AGA治療はこれら二つの方法を中心に治療を進めていくため事前に相談することが大事です。
ミノキシジルやプロペシアは通販で買えるので長期通院ができないという方は通販サイトで購入し、継続治療を行うと良いでしょう。
必ずAGAを治す糸口はありますので、あきらめないで頑張りましょう。